中国語の翻訳を安心して依頼出来る会社を見つける方法

サイトマップ

いつでもご相談下さい! Chinese translation

ピックアップ

  • 女性のイラスト

    2016/08/24

    翻訳家を目指すなら

    語学が堪能な人なら1度は翻訳家に憧れたことがあるでしょう。翻訳家になる為にはどうすればいいのか、少し考えてみましょう。翻訳には大きく分けて3種類あります。本を訳す出版翻訳、主に企業などの書類を訳す実務翻訳、…

中国語の翻訳を依頼する場合

中国語の翻訳会社に依頼をする場合は、料金設定から翻訳スピードまで様々なことを検討する必要がありますが、そのなかで最も大切なのはネイティブに依頼することができるかどうかということです。それができれば、かなり正確な翻訳を行ってもらえますし、信頼度も高くなるでしょう。ぜひそういった会社を探すようにしてください。

中国語の翻訳は何処に依頼することができるのか、といいますとあまり頼んだことがない人はわからないかもしれませんがそうした業者があります。翻訳関係の仕事を主に扱っているところがあるのです。当然ですが中国語の翻訳にも方向性が色々とあります。
ですから、一概にここが良いということはいえないのですがかなり長くやっているところであれば信用できる可能性は高いです。中国語翻訳を依頼する時に怖いところはこちらは中国語の知識がない場合、キチンと翻訳されているのかどうかがわからない、という点です。そこから疑うともうキリがないともいえますが少しでも信用できる業者を見つけることはかなり大事です。
また、最近ではクラウドソーシングで翻訳をしてくれる人を見つけるのもありです。これはインターネットを介して仕事を依頼する方法であり、個人で翻訳を受けている人は沢山いますし、クラウドソーシングサイトで探せばすぐにでも見付かります。但し、やはり前述の信用できるのかどうか、というのをキチンと評価する必要があります。
ですから、クラウドソーシングで翻訳家を探す場合は、まずはいくつかの仕事を任せてみることが基本になります。そこで信用できるのであれば追加で依頼するとよいです。

中国語翻訳は簡単ではありません

会社の取引先は中国の工場を持ってますので、偶に日本語から中国語に翻訳する必要があります。技術内容や契約書など、母国語でも分かりにくい単語がたくさん書いてる書類ばかりです。会社内は担当してる方がいますので、あまり外注に出してませんが、手が回らない時だけ翻訳業者に依頼します。
単価は内容と字数によりますので、5000から数十万まで、業者さんから見積もらえます。専門用語は多い程、見積は高くなります。そして、日本人・中国人・台湾人、内容による選んでほうがいいかもしれません。
中国語は簡体字と繁体字がありますので、中国に渡す書類の場合、簡体字使う中国人の方が違和感感じないかもしれません。翻訳がお上手は方は言葉だけ理解するのは不十分です。文化を分からないと裏の気持ちが伝ってない翻訳文書となります。
例えば、日本語:他の応募者がたくさん おりますので、難しいかもしれません。難しいという単語、多少断る意味が入ってます。文化を知らない訳者は恐らくこのニュアンスを訳してません。もちろん通じますけど、シンプルで中国語の難しいを訳したら、相手はまだ期待を持ってるかもしれません。例えば、日本語:大丈夫です。
この日本語は肯定と否定、二つ意味があります。文脈から判断必要です。中国語は肯定で使う場合が多いですので、文化理解してない訳者なら、間違いが発生する可能があります。

中国語翻訳はどんな人がやっているのか

中国語翻訳という仕事は意外とその人によって方向性が違っています。例えば、契約書の中国語翻訳をする人もいますし、技術書の中国語翻訳、マニュアルの中国語翻訳をする人もいます。言葉をただ単純に違う言語に置き換えるのではなく、そこにしっかりとした意味を持たせることが必要になります。時として、両方の文化に関する知識も求められることがあるのです。
表現の仕方、と言う意味ではなく、習慣としてこうしたことをやっている、というのを知っていないとできない中国語翻訳もあるからです。非常にレベルが高い技術職であり、語学ができれば良い、と言うわけでもないといえます。もちろん、語学に長じている必要はあります。それは最低限の条件であり、当たり前のことです。
しかし、例えばマニュアルの翻訳の場合、少なからず言葉のみを理解するのではなく、何のマニュアルであるのかも理解する必要がありますし、契約書では法的な知識も必要になります。言い回しなどが独特になっていることがあるのです。日本でも法文は日本語を知っていようと理解できないことがあるのはご理解いただけることでしょう。そうした他方面的な知識が翻訳家には求められています。言葉だけと向き合っていれば良いというわけではなく、場合によっては話し合いもすることがあるコミュニケーションが必要な仕事なのです。

TOP